スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューナー

こんにちは。連休を有意義に過ごせないユダです。

今回は私が所持しているチューナーをご紹介します。

BOSS TU-15
ssIMG_2432.jpg
精度はもちろんのこと、オクターブやドロップチューニング、クロマチックやギター・ベースモードなど色々な機能が付いていて、ストロボタイプが出る前までは個人的にチューナーはこれを持っていれば間違いないという考えでした。
基音のピッチも430Hz~449Hzまで設定できるので、現在ではエレキヴァイオリンのチューニング専用機になっています。


tc electronic Polytune mini
sIMG_2403.jpg
現在ボードには必ず入れる欠かせない物の一つです。
チューニングの精度とスピード、何より6つの弦を同時に鳴らしてチューニングを行えるポリフォニックチューニングが一番の売りです。
個人的にtcの独特なフットスイッチの踏み心地も好きです。

ギター→ポリチューン→アンプのように直列に繋ぐと、スイッチをオンにすると強制的にミュートされ勝手に無音チューニングが出来るのでライブなどでは便利ですね。
私は演奏中ずっとチューニングを確認したいタイプなので、スイッチャーやジャンクションボックスなどに付いてるチューナーアウトに繋げています。
これで演奏中の出音すべてに反応してくれます。私は耳があまりいい方ではないのでポリチューンには助けられています。

普通のポリチューンとミニは機能的には一緒ですが、文字通りミニの方が小さくてボードに収めやすいです。そのかわりミニは電源供給はアダプターのみで電池は使えません。
現在ではminiのブラックバージョンのPolytune Noirというのも出ています。
ただ色が黒いだけなのですが、やっぱりカッコいいですね。

Peterson Strobe Clip
sIMG_2413.jpg

sIMG_2414.jpg
恐らくクリップ式チューナーでは唯一のストロボタイプだと思います。
クリップ式とは思えない程の精度です。
モードも多彩で、エレキギター、アコギ、バンジョー、マンドリン、ヴァイオリンなどなど弦楽器はほとんど対応しているのではないでしょうか。
金属性のケースが付いています。これでソフトケースのポケットに裸で入れておいたらクリップの部分が折れて使えなくなるという事態を回避できますね。
私は主にアコギのチューニングやエレキの弦交換の際にも使っています。

ただ精度が良すぎてペグの動きが渋いだとか、オールドのアコギなんかではピッタリ合わせるのはちょっと困難だったりします(どのギターでも全ての弦・フレットでチューニングがバッチリ合うことはありません)。
まぁすべてのチューナーに言える事なのですが、ある程度チューナーで合わせたら一番よく使うコードに馴染むように耳で合わせた方が良いと思います。


チューナーの In my view

気付かないうちに徐々にズレていってしまう
それを正しいところへ導いてくれる
それがチューナー

人生においても、そんな便利なものがあれば
人は間違えずに済むのでしょうね・・・






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

judas1103

Author:judas1103
裏切り者のユダ
かつてキリストを裏切ったようにこのブログで観覧者を裏切る事になるのでしょうか。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
裏切られた人数
 
 
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。