スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tc electronic FLASHBACK DELAY AND LOOPER

こんにちは。カラオケで松山千春のモノマネをしようとすると北島三郎になってしまうユダです。

今回は私が絶対の信頼を置いているメーカーであるtcのフラッシュバックディレイをご紹介します。
sphoto.jpg
フラッシュバックディレイにはX4、mini、Alter ego、Transitionなど色々ありますが、私はスタンダード?なヤツにしました。

私はディレイはあまり使わないタイプなのですが、ちょっと諸事情によりディレイが必要になってしまいまして、所有していたMXRのカーボンコピー(当ブログ記事リンク)を使っていたのですが、タップテンポが無いとキツイって感じでディレイを漁り始めたワケです。

まぁすぐにtcに辿り着いたのですが、このフラッシュバックディレイのクオリティにぶっとびました。
ホールオブフェイム(当ブログ記事リンク)同様に色々なモードに加えトーンプリント対応、更に裏蓋を開けて左上にあるディップスイッチでバイパスモードの切り替えにキルドライ(原音カット)まで設定できます。
キルドライでリバースディレイを使うともう何か不思議の国って感じで面白い表現ができます。
入出力共にステレオ対応でピンポンディレイもいけるし、ラインレベルにも対応しています。
3WAYミニトグルスイッチでディレイ音の符割を4分、8分、4分+付点8分に設定できます。
そしてもちろんアナログドライスルー(原音はデジタル変換せずに出力される)なのでデジタルディレイに有りがちだった音の遅延は皆無です。

極め付けはオーディオタッピング機能です。
通常のタップテンポはフットスイッチなどをタップするのが一般的ですが、フラッシュバックは電源ONの状態でフットスイッチを長押し、その状態でギターの弦を弾くとその刻んだリズムでディレイタイムを設定できるという代物です。
これは本当に凄いと思いました。
足でタッタッタッタッとやるのは早さとか限界あるし、誤って足がノブにあたってパラメーターずれちゃったりすることもあります。
そりゃ弦を弾いてテンポ設定できるなら絶対そのほうが楽だし正確性も上がりますよね。だってギタリストだもの。

そしてルーパー機能も付いています。モノラルで最大40秒、ステレオで最大20秒で重ねるのは無限らしいです。
でもルーパーとして使っている時はディレイは使えないので、あくまでオマケって感じですかね。
オマケとは言ってもクオリティはオマケレベルではないのですけれど。笑
普通にサウンドはDITTO(当ブログ記事リンク)と同様で、違うのは録音時間くらいなものです。





一応その他のフラッシュバックシリーズもさらっと紹介しておきます。


フラッシュバックX4です。
トーンプリントが4種類設定でき、プリセットを3つ設定しておけて、ルーパーが独立しているのでディレイとの同時使用が可能な上にルーパーが後段なのでディレイ音も録音できます。
MIDIやエクスプレッションペダルにも対応しています。
もう最高すぎる機能性で私は最後までX4と悩みましたがエフェクトボードのスペース的に断念しました。
まぁあまりディレイを使わない私には手に余る事でしょうし通常ので十分だ・・・と自分に言い聞かせています。







フラッシュバックminiです。
超小型サイズながら通常シリーズと同様トゥルーバイパスにアナログドライスルー、オーディオタッピングにトーンプリント対応と十分なスペックです。
ただディレイタイプは設定したトーンプリントの1種類固定になり入出力もモノラルオンリーになります。






Alter Egoです。
通常のフラッシュバックのLo-FiとDYNと引き換えにあのプロギターショップでチューニングしたEchorecとDMMという2つのディレイタイプが追加されているモデルです。
他は通常と同じです。







TRANSITIONです。
こちらもアルターエゴと同様に通常版とは違うチューニングのディレイタイプが設定されています。
2290、ANA、TAPE、MOD と引き換えに EVO、FATY、DUCT、MORFとなっています。






限定版というのはとても魅力的なのですが、私の所有しているtc製品はチューナーもリバーブも全て通常版なのでディレイだけ限定盤なのは何かちょっとボードに入れた時に視覚的に収まりがが悪いと言いますか。笑
そんな感じで選択肢は通常版のスタンダード、X4、miniに絞られるワケですが、サイズは魅力的だけどステレオ出力したいのでminiは除外。
先にも述べましたが機能的にはX4いきたいけどサイズ的に厳しいということで、通常のフラッシュバックにしたワケです。


そしてなんとアルターエゴX4が発売されるようですね。
日本に入ってくるのはいつ頃になるのでしょうか。




tc electronic FLASHBACK DELAY AND LOOPER の In my view
価格、機能、音質、サイズ、全てにおいて素晴らしいディレイです。
しかしやはりX4気になりますねぇ・・・。だって2万切ってますもんねぇ・・・。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

judas1103

Author:judas1103
裏切り者のユダ
かつてキリストを裏切ったようにこのブログで観覧者を裏切る事になるのでしょうか。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
裏切られた人数
 
 
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。