スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Suhr Koji Comp

こんばんは。愛用の耳かきを誤って捨ててしまったユダです。
ステンレス製の螺旋式なので耳かきのクセに4千円くらいします。ショックです。
しかし一度この耳かきを体験してしまうともう他のは使えないので、また買い直します。
もうデスクの下にゴミ箱は置かないと誓いました。


今回はコンプレッサーについて書かせていただきます。

私のコンプとの出会いは中学生の頃です。
当時私は父親が所有していたエフェクターを勝手に持ち出しては自室で試してバレないように元に戻すということをやっていました。
普通に貸してって言えば貸してくれたと思いますが、まぁ何というか反抗期の一環でしょうか。
父親に貸してって言う事にとても嫌悪感があったのですね。若さって不思議です。

そんな感じでギターを始めたばかりでFコードもスムーズには押さえられないくらいの頃、ディストーションでギューンというサウンドを体感した後、コンプを繋げて弾いてみてもツマミを弄っても何にも変わらない(実際には変わっているけれど、その違いが分からない)ワケです。

何だこれ壊れてんの?この前のイコライザーとか言うのも何も変わらなかった(これも変化に気付かない)し、あのアホ親父はどうしてこんなもの持ってんだ?とアホの中学生は理解に苦しみました。

まぁギターに触り始めたばかりの初心者で、初心者向けの小物セットみたいなのに入ってたヒョロいシールドに、ボリュームとトーン1つしか付いてないメーカー不明の5Wアンプという環境では変化に気付かないのも無理からぬ事でしょう。と、少しばかりノスタルジーに浸りながら当時の自分をフォローしつつ、記事の進行に戻ります。


よくコンプレッサーにはこういう意見があります。
コンプを使うと下手になる。

ふむふむ、確かに。

しかしこういう意見もあります。
コンプでしか出せない音がある。

ふむふむ、確かに。

どちらも真実だと思います。


コンプとの出会いから数年が経ち私がアホの高校生になった頃、その時にはコンプがどういう物か、どういう意図で使われるかというのはザックリと理解していました。
しかし当時、ギターの上手い先輩や父親は口を揃えてコンプを使うと下手になると言うのです。

コンプがどういう物なのか一応分かっていた私は、なるほど確かにそうなんだろうな。と、これまた漠然と納得しました。

そんな感じで私は特にコンプに必要性も感じないし下手になるなら使う理由はないぜ!とコンプを敬遠する日々を過ごしました。

そして高校を卒業して少し経った頃、久しぶりにそのギターの上手い先輩に連れられて先輩の知り合いのバンドのライブに行きました。
その帰り際に少し年配の男性が「あのギター上手いと思ったけどコンプ使ってんのな。やれやれ」みたいな事を話しているのが耳に入ってきました。

会場を出てから先輩が「さっきのおっさん知った風にコンプがどうこう言ってたけど、最近じゃライブでもレコーディングでもコンプ使うのは当たり前、時代が違うんだよ」と言っていたのが印象に残っています。

だってほんの1年前に私は先輩からコンプ禁止令を出されているワケですからね。
時代が変わるのどんだけ早いんだよ!と思ったりもしました。
実際、時代の変化は目まぐるしいワケで、ちょっとボケッとしてるとすぐに取り残されて過去のモノとなってしまいます。

まぁ先輩がコンプ禁止令を発令したのは単純にヘタクソのウチからコンプに頼って、それに依存するようになってしまうのを防ぐ為だったのだと思います。

そして私が成人になって、更に久々に先輩と会い、食事に連れて行ってもらった時、昔話に花が咲き、発令しっ放しで忘れられていたコンプ禁止令は解除されたのでした。
別に私もそれに従ってコンプ使うのを自制していたワケでも、解除されるのを待っていたワケでもありませんでしたが、この事が切っ掛けでちょっとコンプが気になり始めたワケです。

動画見たりライブ行ったりした時、この人のカッティングかっこいいな。あのアタック感はどうなってんだ。と思ったらコンプなワケですよ。

こりゃもう私もコンプ買うっきゃねぇ!と思い、色々試してみるのですが、音質が気に入らなかったりノイズが凄かったりで中々これっていうのが見付かりませんでした。


そして行き着いたのがハイエンドギターで有名なSuhrのKoji Compなのでした。
気付いたら昔話ばかりして長い長い長~い前振りになってしまいました。

sIMG_4434.jpg

このコージーコンプ、オールマイティに使える上どのセッティングでもイケイケのアゲアゲです。
そして何よりローノイズ。色々試しましたがここまでノイズが乗らないコンプは中々ありません。

ボイススイッチでミッド強調、ノーマル、ミッドハイ強調と切替られ、さらにギターのドライ音をMIXノブで加えられるので物凄くナチュラルにも掛けられるワケです。

コンプでお悩みの方は是非お試しあれ。
これで値段がもう少しお手頃なら言う事なしなのですが・・・。









Suhr Koji Comp の In my view
何でもこなせる超優等生!
でも、だからこそ頼り過ぎないよう注意が必要です。
私はコンプを使うのは本番だけと決めました。
しかし使いこなすには普段から弄るのも必要・・・。
距離感をキチンと見定めて付き合ってゆかないといけません。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

judas1103

Author:judas1103
裏切り者のユダ
かつてキリストを裏切ったようにこのブログで観覧者を裏切る事になるのでしょうか。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
裏切られた人数
 
 
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。