スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iSP DECIMATOR

こんばんは。欲しいアンプヘッドを見付けてしまったユダです。
しかし25万はポンと出せる金額ではありません。悩ましい・・・。


今回は世界的に評価の高いノイズリダクション ISPのデシメーターをご紹介します。

sIMG_2384.jpg

パッと見BOSS製品みたいなカタチですが違います。笑
BOSSに比べて重量があり手にとると結構ズッシリきます。
一昔前はノイズリダクションといえばRocktronのHUSHという感じでしたが、現在ではもうどちら様のエフェクトボードを覗いてもデシメーターって感じですね。

それくらいこのデシメーターはクオリティが高いのですが、ここまで普及したのには他の理由もあると思います。
というのも世界的に普及していたHUSHシリーズを設計し、Rocktronの創始者の一人でもあるBuck Wallerが諸事情によりロックトロンを手放し、そしてHUSHの開発チームを引き連れて新たに設立したのがこのiSPというメーカーなワケです。

もう話題性十分だったワケです。
そして満を持してリリースされたペダルタイプのノイズリダクションはクオリティもさることながら、まさかのボスコンサイズなのです。
HUSHはいい仕事してくれるけれどボードの中で踏ん反り返っていましたが、その点デシメーターは謙虚です。
そんな感じでロックトロンユーザーが流れ、その噂を聞きつけ新規の層もゲッツしていったのだと思います。

そんなこんなで発売当初から破竹の勢いだったデシメーターですが、マイナーチェンジしたり、ラックタイプも出たり、デシメーターの回路がそのまま入ってるプリアンプとかも出しちゃう大立ち回りなワケです。


とりあえず今回はペダルタイプの紹介にとどめさせていただきます。

DECIMATOR
DECIMATOR G String
DECIMATORⅡ
DECIMATORⅡ G String

という具合にリリースされています。

Gストリング?3弦のみに作用するの?
ってそんなワケありません。

普通のデシメーターはインプットとアウトプットは1つずつしか付いていません。
なので普通にギターからアンプまでの間で直列で使うか、もしくはアンプのセンドリターンに繋げるか、という感じです。

しかしGストリングには従来のインプットとアウトプットがあり、更にセンドリターン用のジャックまで付いているのです。
ギター~アンプ間に直列で繋ぎ、更にアンプのセンドリターンにも繋ぎ、ダブルでノイズ除去しちゃうぜってワケです。

そして普通のデシメーターとデシメーター2の違いはといいますと、デシメーターは演奏してない状態でノイズが消えるまでツマミを捻ると、その音量までのノイズを消す といった感じなのですが、それ故にノイズがデカいとその分強く掛けなければならないワケで、初代デシメーターは他のノイズゲートと同様に強くかけるほど音を伸ばした時に「これ以上音量が下がるとノイズばかりになるからカットしまっせ」という具合に音の減衰が不自然に途切れてしまうというワケです。

それがデシメーター2では強く掛けた状態でも、伸ばした音はとてもナチュラルに減衰してゆく仕様になりました。
減衰してゆく過程でノイズは混じっていってしまうワケですけど。

デシメーターはコンプ的ではなくゲート的なワケです。


百聞は一見にしかず。その効果の程は動画でご確認ください。

Gストリング デモ


初代と2の比較



もうこれは木の実・・・ではなく好みというか
ノイズは徹底除去!これ以上音量下がったらシャットアウトするぜ!
いやいや、多少ノイズが混じってもナチュラルに超ロングトーンをキメたいぜぇ。

という二律背反。
どちらを取るかです。

私としては2の方がいいかなと思います。私が持っているのは初代ですが・・・だって私が購入した当初は2なんてなかったんだもんなぁ。

Gストリングは普通に使う分にはあまり必要性がないかもしれませんが、ハイゲインアンプを使用される方には重宝されると思います。

下記にリンクを貼っていますが、2のGストリングが2万円を切っています。
私が探した限りではダントツで安いです。
私も買い換えようかな・・・。


〈追記〉2014-03-12
結局2のG String買ってしまいました。笑
これについての記事も書いたので宜しければこちらもご確認ください。
iSP DECIMATOR Ⅱ G String(当ブログ記事リンク)


iSP DECIMATOR の In my view
ノイズはギターの永遠の課題
たまに「ノイズもサウンドの一部だ」と開き直ってる方もいたりしますが、それでもやっぱりノイズは無いに越したことはないですよね・・・。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

judas1103

Author:judas1103
裏切り者のユダ
かつてキリストを裏切ったようにこのブログで観覧者を裏切る事になるのでしょうか。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
裏切られた人数
 
 
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。