スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ERNiE BALL VP JR

こんばんは。現在ノロウィルスに蝕まれているユダです。
流行に敏感なのが仇となりました。
皆さんも風邪、ノロ、インフルエンザには気を付けて下さい。
徹底した予防と早めの対策をお勧めします。


今回は超ド定番 アーニーボールのボリュームペダルをご紹介します。
sIMG_2366.jpg

もちろんエフェクトボードに収める前提で購入したので普通より小さいサイズのジュニアにしました。
ボディはめっちゃ頑丈で踏み具合も軽すぎず重すぎず、更にヤスリの様な滑り止めで操作性はとてもいい感じです。笑
そしてスイッチでカーブを二段階で切り替えられます。
私はtcのポリチューン(当ブログ記事リンク)を常時稼働させているのですが、ボリュームペダルがあると無音チューニングも出来るので重宝します。

よく音痩せが酷いという意見を耳にしますが、ちゃんとインピーダンスを合わせればそんな酷くはないと思うのですが・・・。もちろん接点が増えるのでどうしても信号は劣化してしまうワケですけど。

ただハイインピーダンスの状態でチューナーアウトを使用する場合、弱い状態の信号を更に分岐させてしまう事になるので音痩せの原因になるようです。

なのでボリュームペダルはローインピーダンスの物をエフェクターの後に繋げるのが正解・・・とも言い切れないワケです。
トゥルーバイパスのエフェクターの後だと、エフェクターON時はローインピでOFF時はハイインピになってしまうのでございます。

なのでエフェクトボード(当ブログ記事リンク)を組んだ際、私はバッファーの後になるようCAJ LOOP and LINK(当ブログ記事リンク)の後に繋いでいました。


もう考えるのが面倒臭いというあなたの為にアーニーボールがこんなものを用意してくれました。


その名もMVP!

まぁ何と言いますか、ブースターが内蔵されたモデルなワケです。
言うなればもうこれ自体がバッファーなので、もうどこに繋ごうがフリーダムなワケです。

しかもこれ、ただブーストするだけではなく、MINというツマミで可変抵抗の最小値(爪先側が上がった状態)を入力レベルの0~50%まで無段階調整できるんです。
GAINツマミは最大で20dbブーストさせることができます。
しかもサイズはジュニアという表記が無いのにも関わらず、ジュニアと同じサイズです。

普通サイズとジュニアサイズって三辺合わせても数センチしか変わらないので、ボードに入れる際数センチでも小さいに越したことはないし、ぶっちゃけ普通サイズてもう絶対需要ないとだろうと思っていたのですが、どうやらアーニーボールは今後ジュニアサイズをスタンダードとして普通サイズは闇へと葬られるという事でしょうか。

MVPを今までのパッシブタイプのものと比較した際のデメリットとしては
まず電源が必要
そして常時MVPの回路を通るので繋ぐだけで音が変わる可能性がある

と、そんな感じですか。
これでOn/Offスイッチでも付いていれば即買いなのですが・・・。
まぁでもそのへんは自分で改造しても良さそうですですね。

因みにMVPはネットで検索した限りでは下記に貼ったアマゾンのリンクが最安値だと思われます。


ERNiE BALL VP JR の In my view
アルトベンリなボリュームペダル
ヴァイオリン奏法や、ワーミーと合わせるとパイプオルガンみたいな事も出来たりします。
ただのボリュームなのに可能性は未知数・・・


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

judas1103

Author:judas1103
裏切り者のユダ
かつてキリストを裏切ったようにこのブログで観覧者を裏切る事になるのでしょうか。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
裏切られた人数
 
 
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。