スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tc electronic DITTO LOOPER

あけましておめでとうございます。マクドナルドのドライブスルーを利用するとかなりの確率で何かしら入れ忘れられてしまうユダです。

ナゲットを注文したらソースが入っていなかったり、ミルクティーを注文したらティーバッグが入っていなかったり、クラシックフライwithチーズを注文したらチーズソースが入っていなかったりします。

わざわざ店に戻るのもバカらしいし、かといって店にクレームの電話しても実際どうにもなりません。結局こちらから再度店に出向き、こっちが気まずくなるくらいヘコヘコと謝罪され、せいぜいポテトの無料券でも渡されて終わりです。
なんにせよ気分が悪いです。

店員さんも人間なのでそういったミスはどうしたって無くなるものではありません。
ドライブスルーというものは一見便利ですが店員さんにミスられてしまうと、圧倒的に消費者側が面倒を被るとてもリスキーなサービスだと思います。
システムの見直しを祈願しているユダです。


今回はtcのDITTOルーパーをご紹介します。

sIMG_2368.jpg
ツマミ1つとフットスイッチ1つのみのストイック(?)な仕様です。

大体のルーパーはどのメーカーもとにかく多機能にすることに尽力しボディサイズが仰々しくなりがちですが、
こちらのDITTOはそういったごちゃごちゃした機能を一切放棄したシンプル構造でめっちゃ高音質なルーパーです。
そしてなにより私がDITTOを購入した決め手はこのボディサイズの小ささです。

サイズが大きいのは嫌だったのでコンパクトサイズのデジテックのJammanSOLOとかボスのループステーションRC-3とかも候補に挙がっていたのですが、私の場合アコギ一本でその場で重ねて演奏するのが主な目的だったので多すぎる機能は邪魔なだけというのもあり、サイズも極小で機能もシンプルなDITTOは私のニーズにドンピシャでした。


肝心な使用感ですが、、、
音質はやはり申し分ないです。
操作方法がシンプル過ぎて逆に混乱します。
sDitto_Operation.jpg
フットスイッチの1度押し、2度押し、長押しだけなのですがたまに「アレ、どうやるんだっけ?」ってなります。笑
まぁそのへんは使い込むしかありませんね。

最近は専らエフェクターのセッティングを模索する時などに使っています。

ギター

DITTO

試したいエフェクター

アンプ

という具合に繋いで適当なフレーズをルーパーに録音すれば、全く同じ演奏を客観的に聴きながらリアルタイムでエフェクターやアンプなどのパラメータを弄れるワケです。
これはDITTOに限らず、というか他の多機能なルーパーの方が色々なフレーズを録り溜められるので便利かもしれませんね。

メーカーHPにも載ってる動画ですが一応貼っておきます。



因みに私はルーパーと聞くとまっさきにこの動画を思い出してしまいます。

2:52頃の歯でスウィープを弾くパフォーマンスを初めて見た時は「スゲェ・・・」と絶句してしまいましたが、最後には種明かしがあり「なぁ~んだぁ。笑」って感じでした。
こういう仕込みをしても面白いですよね。


tc electronic DITTO LOOPER の In my view
小さなエフェクトボードの片隅に忍ばせるならDITTOは最適です。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

judas1103

Author:judas1103
裏切り者のユダ
かつてキリストを裏切ったようにこのブログで観覧者を裏切る事になるのでしょうか。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
裏切られた人数
 
 
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。