スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone 5s 便利で不便

こんばんは。秋葉原帰りのユダです。

20日の朝、会社の近くにあるソフトバンクショップにて4sから5sに機種変更しました。
前日まで20日が5sの発売日だということを知りませんでした。
ネットで調べてみると予約が出来ない上に一次出荷の数が少ないという情報があったので、5sの事を忘れていた私にとっては予約できないというのはある意味ラッキーでしたが、品薄の為に店舗によってはカラーや容量の選択が出来ないのではないかという噂もちらほら。

なんと銀座のアップルストアでは1週間前から並んでいる人もいると報道されていました。台風が来た時は店舗内で匿ってくれたそうです。
そんな話を聞いて一次出荷分は期待できないだろうな~開店の1時間前くらいに行ってダメそうだったら諦めようと思っていました。

私が行ったショップは普段10時開店なので8:45頃に到着したのですが、既にオープンしていて私の前に20名余りの人がいました。
カラーは案の定スペースグレーしかなかったのですが、在庫は割と確保出来ているらしくあっさりと機種変更出来ました。
どの色も微妙だと感じていたのでカラーには拘りがありませんでした。できれば希少と言われているゴールドが良かった気もしますが・・・。

遅刻して出勤し(自営みたいなもんなので時間の融通は利く)退社して家で4sのバックアップから復元させて細かい設定を行いました。
一番関心したのは指紋認証の精度。これ凄くないですか?
処理速度もめっちゃ早い!
3Gs 4sと使ってきましたが、3G 4と比べると所詮はマイナーチェンジということで画質と処理速度がちょっと向上した程度だと感じていましたが、今回5から5sは指紋認証という新機能に加えてベンチマークのスコアが倍近く離れているようです。
機能的には大変素晴らしいですね。あくまで“機能的には”ですが。

それで本日はストラトの配線を改造するのに必要なコンデンサーと線材を買いに行くついでに、車などで充電できるようにライトニングケーブルを安く沢山入手するべく友人と秋葉原に出向いたワケです。
コンデンサー等の買い物はすぐに済んだのですが、ライトニングケーブルは「iOS7.0検証済」というシールが貼られている製品と貼られていない製品がありました。

某店の店員さんに詳しく説明してもらったのですが、iOS7.0にはライトニングケーブルに使われているICチップが純正の物かそうでないものかを識別する機能が備わったようで、正規のICチップが使われていないケーブルを繋ぐと警告が出るようになったそうです。
でも警告が出るだけで充電もデータ通信も可能だというので、警告が出てしまうケーブルを2つと検証済のケーブルの1mと2mを1本ずつ購入しました。

実際に使ってみると友人の5では確かに説明を受けた通りだったのですが、私の5sではなんと警告が出るが普通に使えるケーブルは認識すらされずに使用不能
さらに検証済のケーブルでも2mの物は同様に使用不能

友人が元々所有していたケーブル各種でも同じ結果なので不良品を掴んだワケではないようです。
結局5sで使えたのは検証済シールの貼ってあった1mの物だけでした・・・。
私はiOSの問題ではなく5sの端末になにかプロテクトの様なものが付いていると推測しています。

使用できるケーブルではUSB延長ケーブルを繋げた場合でも充電もデータ通信も可能でした。
機能的には素晴らしいですが、使用できるケーブルにかなり制約があるので、これから5sを買おうとしている人、既に5sを手に入れていてこれからライトニングケーブルを購入しようとしている人は注意が必要です。

因みに本日の時点では秋葉原の携帯ショップにはまだ少し5sの在庫が残っていました。

以前ご紹介したソニックポートに接続するライトニングケーブルは5sでもちゃんと使用できました。さすがというか当然ですがLine6はちゃんとアップルの認可を受けているのですね。


iPhone 5s の In my view

便利だけど不便
この矛盾は今後改善されるのでしょうか・・・



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

judas1103

Author:judas1103
裏切り者のユダ
かつてキリストを裏切ったようにこのブログで観覧者を裏切る事になるのでしょうか。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
裏切られた人数
 
 
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。