スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gibson Custom Shop ES-330

こんばんは。毎日暑過ぎて、いっそ蒸発してしまいたいユダです。

今回は久々にギター本体を紹介したいと思います。

ギブソンのES-330です。
sIMG_2042.jpg
パッと見ES-335みたいですよね。

sIMG_2043.jpg
ペグはクルーソンですが、ナットで締め込むタイプでグローバーがポン付けできるヤツですね。

sIMG_2044.jpg
ES-335との違いは見た目で分かるのはピックアップですね。
ES-335はハムバッカーですが、ES-330はP-90です。

sIMG_2048.jpg
'11年製だったか'12年製だったかイマイチ覚えていませんが、私の所有しているギターの中ではかなり若い方です。
カスタムショップのマークが首元に付いています。

sIMG_2047.jpg


他にもES-335との違いがあります。
ES-335はセンターブロックのあるセミアコですが、ES-330にはセンターブロックはなく、フルアコでございます。

なのでES-335みたいに、もっと弦のテンション上げてハリのある音にしたいっつって、ブランコテールピースをストップテールピースにしちゃお~って思っても、無理です。
センターブロックがないので固定できないワケです。

ビグスビーなどを搭載する時もちゃんとアーチトップ用を購入しましょう。
たまにリッチーブラックモアみたいにフラットトップ用のビグスビーをアーチトップギターに付けてる人がいたりしますが、ソリッドやセミアコなら見た目がちょっとアレな感じがしますがちゃんとスウィートスポットに取り付けられるので理に適っているわけです。
しかしフルアコの場合はフラットトップ用は取り付けられません。

ES-330は、ES-335の様なシンボディでフルアコという他に無い設計に、更にそこにP-90を載っけちゃってなかなか独特なサウンドで魅力的です。

でもこれビートルズ好きなら分かると思いますが、まんまエピフォンのカジノですよね。笑
仕様は全く一緒です。

カジノは超有名ですがES-330はあまり知名度が高くありません。
なので中古相場が割りと低くて狙い目なワケです。笑

当時のカジノだったら飛び付きますが現在のエピフォンは、何というか、ほら…アレですし…個人的にはやはりギブソンのヘッドの方が好みなワケで。
というよりもサウンドはイケてる上に、誰もが知っているブランド、なのに知名度が低い、けれどビザールとかではないオーソドックスなタイプ、というのが個人的には超クールだと思います。


Gibson Custom Shop ES-330 の In my view
やはり多彩なサウンドメイク等の汎用性でいったらES-335の方が上ですが、このES-330はハマる人はハマっちゃいまっせ。笑
ビートルズのギタリスト3人がコゾッてカジノを愛用していたのも頷けます。
ちょっと気になっちゃった方は是非試奏してみてください。
中古ならアタリ個体でも結構安く手に入っちゃいます。



スポンサーサイト
プロフィール

judas1103

Author:judas1103
裏切り者のユダ
かつてキリストを裏切ったようにこのブログで観覧者を裏切る事になるのでしょうか。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
裏切られた人数
 
 
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。