スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roland V-Drums TD-9 タイヤ(ディスク)ふにゃふにゃシステム

こんにちは。早くもゴールデンウィークが懐かしいユダです。
皆さんはどこか行かれましたか?
私は車で40分くらいの距離にある心霊スポットをハシゴしました。
まぁ特に何もなくて良かったです。


今回は念願の電子ドラムを入手したのでご紹介します。

sIMG_4559.jpg
ローランドのTD-9です。
とりあえずハイハットがスタンドのヤツが欲しかったのでVH-11のこちらのセットにしました。
さすがにVH-12になるとTD-20やTD-30になっちゃうので高過ぎて手が出ませんでした。

でもまぁ私のメインはギターなので、このセットでも十分過ぎるくらいです。
あとはライドを増設すればとりあえずいいかなって感じです。

セットを組み立てて、マットは1枚2500円くらいとかなり安かったのでプログループ製の低反発のヤツを2枚重ねて叩いてみたのですが、ソッコーでクレームを受けました。苦笑

低反発だと完全に沈み込んでしまって、振動がほとんど消せないようです。
仕方がないのでタイヤふにゃふにゃシステムを導入することにしました。

sIMG_4550.jpg
まずプログループのマットを1枚敷きまして。

sIMG_4551.jpg
カインズホームで買ってきたお風呂マット(1つ498円)を2つ敷きまして。

sIMG_4553.jpg
こちらもカインズホームで買ってきたバランスディスク(1つ598円)
画像を撮るのを忘れてしまいましたが4つ角に1つずつ設置しました。
最初は中央にも1つ置いていたのですが、床にiPhoneを置いて地震計のアプリを起動してチェックしたところ、中央にディスクを置くと振動が計測されましたが、中央のディスクを取り払うと振動は皆無になりました。

sIMG_4555.jpg
そしてドイトで買ったベニヤ板15㎜×910㎜×1860㎜(4200円くらい)を1300㎜にカットした物を置きます。
厚みが3㎜増す毎に1000円くらい高くなりますが、割れたりしたらアレなのでちょっと奮発して15㎜にしました。
体重約60㎏の私が上で飛び跳ねても全然大丈夫だったので、強度的にはこれで問題無さそうです。

ドラムスペースはスローンも含めて大体1200㎜×1300㎜なのですが、ホームセンターで売られているベニヤ板は大きいものでも大体900㎜×1800㎜くらいなので、諦めてスローンは床に直置きにすることにしました。

sIMG_4556.jpg
最後にもう1枚のプログループのマットを敷いて、完成です。

sIMG_4557.jpg
横からみるとこんな感じです。
先人方のブログなどを拝見しますと13層の方もいるようでしたが、防振の要であるバランスディスクとドラムを支える板さえしっかりしていれば他はそんなに神経質なる必要は無いんじゃないかなと思います。

私のふにゃふにゃシステムは5層構造ですが、パッドのメッシュを突き破る勢いで叩いてみてもキックを親の仇のように踏んでみても地震計の針は微動だにしません。

ドラムの振動にお悩みの方は是非導入をおススメします。
調べている段階ではかなり大掛かりっぽくて大変そうに見えますが、やってみると意外とあっさりです。
材料を揃えてしまえばあとは重ねるだけなので、本当にあっけなく完成してしまいます。

プログループの低反発マット2500円×2
カインズホームのお風呂マット498円×2
カインズホームのバランスディスク598円×4
ベニヤ板4200円×1

という具合で総額はおよそ12600円程度で出来ました。

バランスディスクはアマゾンで安いのも結構ありますが、すぐ空気が抜けてしまうなどの不良品も多いようなので選定には注意が必要です。

バランスディスクの下敷きになるお風呂マットは、水辺で使うワケでもなく直接踏むワケでもないのでサイズが合ってある程度厚みがあるヤツなら、あとは一番安いのを選べばいいと思います。

ベニヤ板は私はちょっと奮発して15㎜にしましたが、通常12㎜あれば大丈夫そうです。

私は既にあった低反発マットでサンドイッチするカタチになりましたが、なるべく費用を切り詰めたいという方は
お風呂マット→バランスディスク→12㎜ベニヤ板→何か安いカーペットなど
という感じにすれば1万円以内で収まると思いますし、十分に効果も得られると思います。
万が一効果が無かったら、新たに色々追加していけば手間は掛かりますが無駄な物を買わなくて済むと思います。

因みに私はお風呂マットとバランスディスクが1つずつ余ってしまいました・・・。
かろうじて使い道がないワケではない物なのでまだ良かったですけど。

下の方に私が使用した物のリンクが貼ってあります。
価格が安くて品質も問題ないのでおススメです。
ただ、カインズホームのバランスディスクは通販ではなく、実際に店舗で買った方が安いし送料も掛かりません。


振動チェックに使用した地震計アプリのリンクも貼っておきます。
地震計 アプリ iSeismometer
iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/de-zhen-ji-iseismometer/id304190739?mt=8

Android版もあるようですので興味のある方はチェックしてみて下さい。


<追記>2014-06-09
ライド増設、メトロノームとドラムの音量バランス、モニタースピーカーに関しての記事をアップしましたので興味のある方はぜひ拝見してみてください。
Roland V-Drums TD-9 その2


Roland V-Drums TD-9 タイヤ(ディスク)ふにゃふにゃシステム の In my view
いや~ドラム楽しいですね。
タイヤふにゃふにゃシステムも素晴らしいです。
バランスディスクはタイヤチューブと違い、基本的にメンテナンスの必要がないのもいいですね。
皆さんもタイヤふにゃふにゃシステムを導入して快適なドラムライフを送りましょう!


スポンサーサイト

Shanling PH300

こんばんは。大分暖かくなってきましたね。
むしろ今日なんて結構暑かったのでずっと半袖で仕事をしていたのですが、今まで長袖に守られて悠々自適だった腕の皮膚に突然紫外線たっぷりアッツアツのサンビームを照射されたもんで、かなりヒリヒリでまいっちんぐなユダです。


今回はヘッドフォンアンプを新調したのでご紹介させていただきます。

Shanling PH300です。
sIMG_4512.jpg
何か小さい真空管が使われていて電源を入れるとお尻の方から赤み掛かったオレンジ色の光が漏れます。

sIMG_4513.jpg
向かって左のスイッチは電源です。
ヘッドフォン出力端子は2口ついてます。
そしてボリュームツマミと、右にあるのは2系統ある入力(CD/AUX)の切替スイッチです。

sIMG_4514.jpg
裏面を見てビックリ!まさかのプリアウトがついています。笑
高級オーディオ機器みたいでいいですね~安物なんだけれども。
あとは先述の通り、CDとAUXの2つの入力があります。
裏面の端子は全てRCAです。


予想外にも折角プリアウトが付いているのでパワーアンプ的な物を噛ませてスピーカーもPH300で鳴らす事にしました。

ご説明するのを忘れるところでしたが
今までの私の環境は
PC

CI2+(スタインバーグのインターフェイス)
↓ ↓
↓ K712(AKGのヘッドフォン)

LP-2020A+(Lepaiのオーディオアンプ)

オンキョーとシャープのパッシブスピーカー(型番不明)

という具合でK712を鳴らすのにやはりある程度ちゃんとしたヘッドフォンアンプが欲しいな~という感じでPH300導入に至ったワケです。

そんなワケで現在の環境は
PC

CI2+

PH300
↓ ↓
↓ K712

LP-2020A+

スピーカー

という具合になりました。

因みにLP-2020A+はアマゾンなどで3000円弱で買える激安アンプなのですが、これが値段からは考えられないくらいイケてまして私は車にも搭載しています。
アダプターが付属されているのとされていないのがありますが、数百円しか変わりません。
付属のアダプターの評判がイマイチ、というかもっと品質のよいアダプターを使用すると更に音が良くなるという感じです。
値段を考えれば当然という気もしますが、たまにハズレで不良品だったりすぐ壊れたりということがあるそうです。
私のヤツは2つとももう1年以上使っていますし、車もほぼ毎日乗るし家にいる時間はほぼPC点けっ放しなのでトータル稼働時間はかなりいってるハズなのですが今のところ何の問題もありません。

そして肝心のPH300に話を戻しますが、AKGのK701やK702と相性が良いと専らの評判だったので基本的に特性は同じなのでK712との組み合わせも良いだろうと考えていたところに、使用時間がかなり少ない中古品を渡りに船的な感じで見付けたので、この金額だったら最悪クソでも諦めつくわ~という感じで購入したのですが、買って大正解でした。

K712はリスニングにも堪えうるモニターヘッドフォンという感じなので、バランスはいいけど面白みのない音と言われる事があります。
私はこのナチュラルな感じがとても好きなのですが、PH300はそのバランスを崩すことなく自然に綺麗にプッシュしてくれる感じでK7XXシリーズユーザーの評価が高いのも頷けます。
明瞭でいて自然で聴きやすい音質なので爆音にしても全然不快になりません。
なのでむしろ気付かぬウチに耳を悪くしてしまう可能性があるので気を付けないといけませんね。

スピーカーに関してはLP-2020A+の時点で、この値段でこんな音が出るのならグッドイナフだべさ~と思っていたのですが、PH300通すと音の明瞭感が段違いです。
PH300を購入する以前の段階ではスピーカーを繋げる事は全く考慮していなかったので、とても嬉しい誤算でした。

ただ一点、結構熱くなります。
電源入れて暫くしてアルミ削り出しのボリュームノブを触ると結構熱いくてギョッとしました。
本体の方も勿論中々に熱々で御座います。
触れない程ではないのですが、今の季節でこの熱さじゃこの先思いやられるわ…と思ったのですが、USBファンで適当に風を送っておくだけで改善できました。
本体触っても、ヌルいな…くらいの温度で心配ご無用な感じです。

因みにPH300のAUX入力にRCA-TRSケーブルでソニックポート(当ブログ記事リンク)に繋いでiPadの音楽を聴いたり、BIAS(当ブログ記事リンク)でギターやベースの音も出せます。
自宅用の小型ギターアンプよりも場所をとらないし便利で音もイケてます。

Shanlingは中国のメーカーで、新品で購入する場合e-Bayに出品されているのを落札するのがオーソドックスな買い方のようです。
個人輸入的なのがキツイという方には注文を代行してくれるところもあるようなので
Shanling PH300 代行 などで検索してみて下さい。


Shanling PH300 の In my view
これ1つで私のオーディオ環境が格段に良くなりました。
久々に大満足の一品です。



プロフィール

judas1103

Author:judas1103
裏切り者のユダ
かつてキリストを裏切ったようにこのブログで観覧者を裏切る事になるのでしょうか。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
裏切られた人数
 
 
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。