スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Suhr Koji Comp

こんばんは。愛用の耳かきを誤って捨ててしまったユダです。
ステンレス製の螺旋式なので耳かきのクセに4千円くらいします。ショックです。
しかし一度この耳かきを体験してしまうともう他のは使えないので、また買い直します。
もうデスクの下にゴミ箱は置かないと誓いました。


今回はコンプレッサーについて書かせていただきます。

私のコンプとの出会いは中学生の頃です。
当時私は父親が所有していたエフェクターを勝手に持ち出しては自室で試してバレないように元に戻すということをやっていました。
普通に貸してって言えば貸してくれたと思いますが、まぁ何というか反抗期の一環でしょうか。
父親に貸してって言う事にとても嫌悪感があったのですね。若さって不思議です。

そんな感じでギターを始めたばかりでFコードもスムーズには押さえられないくらいの頃、ディストーションでギューンというサウンドを体感した後、コンプを繋げて弾いてみてもツマミを弄っても何にも変わらない(実際には変わっているけれど、その違いが分からない)ワケです。

何だこれ壊れてんの?この前のイコライザーとか言うのも何も変わらなかった(これも変化に気付かない)し、あのアホ親父はどうしてこんなもの持ってんだ?とアホの中学生は理解に苦しみました。

まぁギターに触り始めたばかりの初心者で、初心者向けの小物セットみたいなのに入ってたヒョロいシールドに、ボリュームとトーン1つしか付いてないメーカー不明の5Wアンプという環境では変化に気付かないのも無理からぬ事でしょう。と、少しばかりノスタルジーに浸りながら当時の自分をフォローしつつ、記事の進行に戻ります。


よくコンプレッサーにはこういう意見があります。
コンプを使うと下手になる。

ふむふむ、確かに。

しかしこういう意見もあります。
コンプでしか出せない音がある。

ふむふむ、確かに。

どちらも真実だと思います。


コンプとの出会いから数年が経ち私がアホの高校生になった頃、その時にはコンプがどういう物か、どういう意図で使われるかというのはザックリと理解していました。
しかし当時、ギターの上手い先輩や父親は口を揃えてコンプを使うと下手になると言うのです。

コンプがどういう物なのか一応分かっていた私は、なるほど確かにそうなんだろうな。と、これまた漠然と納得しました。

そんな感じで私は特にコンプに必要性も感じないし下手になるなら使う理由はないぜ!とコンプを敬遠する日々を過ごしました。

そして高校を卒業して少し経った頃、久しぶりにそのギターの上手い先輩に連れられて先輩の知り合いのバンドのライブに行きました。
その帰り際に少し年配の男性が「あのギター上手いと思ったけどコンプ使ってんのな。やれやれ」みたいな事を話しているのが耳に入ってきました。

会場を出てから先輩が「さっきのおっさん知った風にコンプがどうこう言ってたけど、最近じゃライブでもレコーディングでもコンプ使うのは当たり前、時代が違うんだよ」と言っていたのが印象に残っています。

だってほんの1年前に私は先輩からコンプ禁止令を出されているワケですからね。
時代が変わるのどんだけ早いんだよ!と思ったりもしました。
実際、時代の変化は目まぐるしいワケで、ちょっとボケッとしてるとすぐに取り残されて過去のモノとなってしまいます。

まぁ先輩がコンプ禁止令を発令したのは単純にヘタクソのウチからコンプに頼って、それに依存するようになってしまうのを防ぐ為だったのだと思います。

そして私が成人になって、更に久々に先輩と会い、食事に連れて行ってもらった時、昔話に花が咲き、発令しっ放しで忘れられていたコンプ禁止令は解除されたのでした。
別に私もそれに従ってコンプ使うのを自制していたワケでも、解除されるのを待っていたワケでもありませんでしたが、この事が切っ掛けでちょっとコンプが気になり始めたワケです。

動画見たりライブ行ったりした時、この人のカッティングかっこいいな。あのアタック感はどうなってんだ。と思ったらコンプなワケですよ。

こりゃもう私もコンプ買うっきゃねぇ!と思い、色々試してみるのですが、音質が気に入らなかったりノイズが凄かったりで中々これっていうのが見付かりませんでした。


そして行き着いたのがハイエンドギターで有名なSuhrのKoji Compなのでした。
気付いたら昔話ばかりして長い長い長~い前振りになってしまいました。

sIMG_4434.jpg

このコージーコンプ、オールマイティに使える上どのセッティングでもイケイケのアゲアゲです。
そして何よりローノイズ。色々試しましたがここまでノイズが乗らないコンプは中々ありません。

ボイススイッチでミッド強調、ノーマル、ミッドハイ強調と切替られ、さらにギターのドライ音をMIXノブで加えられるので物凄くナチュラルにも掛けられるワケです。

コンプでお悩みの方は是非お試しあれ。
これで値段がもう少しお手頃なら言う事なしなのですが・・・。









Suhr Koji Comp の In my view
何でもこなせる超優等生!
でも、だからこそ頼り過ぎないよう注意が必要です。
私はコンプを使うのは本番だけと決めました。
しかし使いこなすには普段から弄るのも必要・・・。
距離感をキチンと見定めて付き合ってゆかないといけません。



スポンサーサイト

ETHOS Overdrive amp

こんばんは。最近カレーばかり食べているユダです。
ブームとかいうワケでは無いのですが、何かそればかり食べたくなる時期があるのです。
この店のこれにハマってる~とかでは無く、ただただ無性にそれが食べたくなるという感じです。
あぁ何か醤油ラーメンが食べたいな~と思ったら、いくら醤油ラーメンを食べても空腹になるとまた醤油ラーメンが食べたくなる。みたいな。

焼肉だったり寿司だったりシュークリームだったりあん蜜だったり笹カマだったりキリタンポだったり生ハムだったり・・・食べたくなる物は様々なのですが、現在の対象はカレーで既に2週間以上はカレーばかり食べています。

皆さんはそういう時期ありませんか?


はい。

今回は私のサウンドシステムであるエフェクトボードVer.3(当ブログ記事リンク)の中核を担うETHOSのフロアタイプのプリアンプをご紹介いたします。

このプリアンプ(というかこちらは30wのパワーアンプも内蔵されているタイプなのですが)はあのダンブルサウンドを再現ㇴ・・・というコンセプトの元に製作されています。
しかしこのETHOSは受注生産ということで本来はオーダーしてから1年くらい待たされるそうですが、ちょいちょい中古とかも見掛けますし一応新品販売しているお店もありますが、ちょっと値段乗っけ過ぎですよね。

まぁ私は本物のダンブルを触ったことがないですし、ダンブルのどのタイプを狙ってるのかも明確なアナウンスはないっぽいです。(恐らくODSだと思いますけど)
なので「わ~めっちゃダンブルっぽ~い」とかそういうのは分かりません。
とりあえず見た目はとてもそれっぽいですよね。

sIMG_4441.jpg

クリーンとドライブの2ch仕様で、ブーストスイッチはドライブchにのみ効きます。
エフェクターとしても使用可能なのでアクティブスイッチ(ON/OFF)も付いています。
どっちのchもツマミはゲイン、トレブル、ミドル、ベース、プレゼンスがあり、ドライブchにはボリュームも付いています。

3つ並んだトグルスイッチはブライト、モダン/クラシック、ロック/ジャズです。
ブライトスイッチは、オンにするとハイが強調されます。
モダン/クラシックスイッチは、モダンにすると80年代、クラシックにすると70年代のダンブルサウンドをシミュレートしているそうです。
ロック/ジャズスイッチは、ロックにするとミッド強調、ジャズにするとハイファイサウンドって感じで、音量差が結構あります。

sIMG_4442.jpg

向かって右側面のジャックはインプットで、ツマミはハイカットフィルター、トグルスイッチはプリアンプモードとエフェクターモードの切替スイッチです。

sIMG_4443.jpg

向かって左側面のジャックはアウトプットとスピーカーシミュアウト、影になって見えづらいですが黒いスイッチはTLE(タイトローエンド)とクラシック(初代ETHOS)の切替スイッチで、この切替スイッチはトグルスイッチの場合もあるみたいです。
個人的にはローの輪郭がクリアになるのでTLEの方が好みです。

sIMG_4444.jpg

そして奥側にあるジャック類はパワーアンプ搭載モデルにしかありません。
センドリターンとパワーアンプアウトです。
トグルスイッチはパワーアンプアウトに対するスピーカーシミュと通常の切替です。

サウンドについてですが、ハイカットフィルターと各種スイッチでクリーンchでも色んなタイプのクリーンが出せます。
JC-120でブラックフェイス風味とかもイケちゃいます。

ドライブchの歪みはウォームでいてキメ細かくてかなりイケてます。
ダンブル系と言われているオーバードライブはいくつか試したことがありますが、大体こういう方向性だったと思います。
更にドライブchでブライトスイッチオフのボリューム上げ目のゲイン下げ目にしてギリギリ歪むか歪まないかくらいのクリーンクランチがとても美味です。
そしてブーストスイッチで持ち上げて若干音圧のあるクランチ、もしくはMOOER Blues mood(当ブログ記事リンク)を重ねてもかなりご機嫌です。


フロアタイプのプリアンプは他にもいくつか候補はあったのですが、こちらの動画のサウンドに惚れてしまったところに比較的安く手に入りそうだったのでETHOSに決めました。


この人がめっちゃウマいせいだと思いますが、どのセッティングもとてもいい音ですね。


そしてこのクリーンですよ。


そもそもBIAS Amps(当ブログ記事リンク)でキャイキャイ言っていた私がなぜフロアプリを導入するに至ったかと申しますと、以前スタジオで使用しようとした時に音が出ない事態に陥ったワケです。

その前日には普通に使えていたし、ギターの音も認識しているし接続もオールOKでマナーモードにもなっていないなのにどうして・・・とかなり狼狽してしまいました。
動画など他の音声も全く出ない事に気付いたので結局iPad自体を再起動させたら直ったのですが、重要な場面でこういう事態が起こりうるという可能性もあるので、これは宜しくないな、と。

そして、そろそろエフェクトボードを再構成したいと考えていたので、シミュレーターも含め色々とボードに収まるプリアンプを探したのでした。


ETHOS Overdrive amp の In mya view
ダンブルっぽいかどうかは分かりませんが、とてもナイスなサウンドです。
これからセッティングを詰めてゆくワクワクが止まりません。



エフェクトボード Ver.3

こんばんは。日によって弾き易いと感じる高さが違うユダです。
体調の問題なのか分かりませんが、この事に関して今まで同意してくれた人はいません。
今使ってるストラップは長さを調節するのが面倒なタイプなのでダルイです。

Ver.3などとカッコつけた呼び方をしてしまいましたが、今回は私のエフェクトボードの最新版(現在 Ver.3.84にマイナーチェンジしています)をご紹介いたします。
ssIMG_4463.jpg


レスポールでもストラトでも使えて、どこにでもあるJC-120のリターンに挿して、どこでも出来るだけ同じ音が出せるようにというコンセプトで組もうと考えていました。

昨日すべてのパーツが手元に届き、予め考えていた接続順を数パターン試し、その後おおよそのレイアウトを決めて日を跨ぎ、仕事中もずっと構成について考えつつ帰宅し、つい先程完成致しました。


接続順は

Relay G50(ワイヤレスシステム)
↓ ↓
↓ Poly tune mini(チューナー)

Whammy DT
↓ ↓
↓ FS3X(切替用フットスイッチ)

Baby Thundaa(発振ファズ)

RC booster

Pure boost

Clyde Deluxe(ワウ)

Blues mood(オーバードライブ)

Koji comp

DECIMATORⅡG String(ノイズリダクション)
Guitar IN

DECIMATOR Guitar OUT

Ethos Overdrive amp(プリアンプ)

DECIMATOR DEC IN

DECIMATOR DEC OUT

VP Jr mod(ボリュームペダル)

Ninety Orange(フェイザー)

HALL OF FAME(リバーブ)


という具合になっております。


コンセントタップはボード内に組み込んでしまうとノイズの原因になったりするので、スペース的にキツイというのもあり外へ追いやりました。

電源はアダプターのPA-9SからPOWER BLOCKS HUB 6で分岐させています。
アダプターは歪系、その他アナログ、デジタルと3つに分けています。

今回はパッチケーブルを全てGeorgeL's 155 ブラックにしてみました。
KITを4つ用意しましたが、結局使用したのはケーブル3mほぼジャストとプラグ28コでした。
ケーブルは最初間違ってDCケーブル用みたいなのを買っちゃったかなと勘違いしてしまうほど細くて驚きましたが、パッチケーブル作成の容易さと取り回しの良さは秀逸です。

見た目のショボさとは裏腹にサウンドもめっちゃイイです。
かのエリックジョンソンのボード内でも使用されているというのも頷けます。

ご覧の通り今回はエフェクトボード Ver.1同様パルスの800×400のボードで組んだのですが、スイッチャージャンクションボックスも外しました。

スイッチャーはスペース的に無理だし内容的にあまり必要性ないし、全て直列で繋いで最後HOFからステレオ出し&RCブースターを常時ONでバッファー的に使うということで、今回のケースではジャンクションボックスは無駄に接点を増やす&無駄にケーブルを引っ張る事になるというワケです。

FS3XとEthosにはエフェクトボード Ver.2でも活躍した外付けHDDの抜け殻から作成した台座を使用し、他のエフェクターに邪魔される事なく踏む事が出来ます。
DCケーブルはこの台座の下を通す事で表面上はある程度スッキリさせる事が出来ました。

台座とジョージエルスの取り回しの良さで、パッチケーブルとDCケーブルの接触による電源由来のノイズが乗るのを防ぎ、エフェクターが密集するのでプラグ同士の接触によるグランドループ的なノイズが発生することもありますが、ジョージエルスには専用のラバーキャップみたいなのがあり、それを予防できる上に見た目的にもグーです。

HOFとナインティオレンジもそのままでは踏み辛いので、今回新たにもう一つ外付けHDDが犠牲になり立派な台座として生まれ変わりました。

外付けHDDの筐体って高さも丁度いいし強度もあるし大きさもいい感じで、裸になったHDDはPCに内蔵させれば良いので最適でいて無駄がないのです。
おススメはLaCieのアルミボディのヤツです。
見た目も強度も高さも良しで値段もお手頃で、更にそれなりの工具があれば「口の字」で輪切りにして、色んなレイアウトに対応できます。
一般的な樹脂系の筐体では加工するのはちょっと厳しいと思います。

尚、外付けHDDをバラす際は全て自己責任でお願いします。って真似する人いないか・・・。


本家とコピーが隣り合わせに並んでますが、RCブースターはローを削ってカッティング用、ピュアブーストはミックスフェイズでソロ弾く時のブースターとして使い分けています。
RCはONすると原音より少し艶っぽくなるので、純粋に音量だけを稼ぐ場合ピュアブーストの方が味付けが無いように感じたのでこの采配にしました。

コンプはあまり使わない様にしているのですが、お守り程度に忍ばせてあります。笑

ボリュームペダルは純粋な音量調節に使いたいのでローインピ用をプリアンプ後(通常センドリターンに繋いでいるのと同じ状態)に繋いでいます。
プリアンプ前だとどうしてもゲイン調節的になってしまうのです。

スタジオやライブハウスの電源環境によってはワーミーDTがノイズを拾ってしまうことがあります。
その場合はワーミーだけエネループ供給にします。
見えづらいですが、すぐに挿し替えられるようにワーミーのDCケーブルにマークとしてマスキングテープが貼ってあります。

既に記事を書いているエフェクターなどにはリンクが貼ってあるので、そちらもご覧いただければ幸いです。


エフェクトボード Ver.3 の In my view
エフェクトボードを組むのも三度目になり、サウンド、使い易さ、ローノイズ、更にエフェクターの内容とケーブルの変更により結果的にVer.1よりも5㎏程度軽くなり、過去最高の出来になりました。(当社比)



プロフィール

judas1103

Author:judas1103
裏切り者のユダ
かつてキリストを裏切ったようにこのブログで観覧者を裏切る事になるのでしょうか。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
裏切られた人数
 
 
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。