スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jim Dunlop FUZZFACE mini FFM1

メリークリスマス アンド ハッピーニューイヤー!ユダです。

ついさっきまでクリスマスだという事を忘れていました。
イブはもう完全にスルーしてしまいましたね。
仕事帰りにファミマかローソンでチキンでも買おうかと思います。


さて今回はクリスマスのイメージにピッタリなエフェクターを紹介します。

ファズフェイスミニ FFM1です。
sIMG_2402.jpg
はい。どこがクリスマスのイメージなんだよ!とツッコミを頂いたことかと存じます。
ファズフェイスミニには青、赤、ジミと3種類出ていますが、中でもこの青が一番クリスマスなんですね~。
一般論的には いやサンタを連想させる赤だろ!って感じかもしれません。

でも、私としてはやはり青なのです。ブログのタイトル通り私見をグイグイ押し出してゆきます。

なぜファズフェイスの青がクリスマスのイメージなのか説明しますとですね。
クリスマスで浮かれた世間を憂鬱な顔で横目に見てる様が私とソックリなんですね!

だからファズフェイスを使う際、コントロールのVolumeとFUZZはどちらもレベル8~10にセッティングすることが多いのは横目で見てる感を出す演出なんです。
歪み量はギターのボリュームで調節するんです。


少し冗談が過ぎましたが、私的にはファズフェイスミニは青が1番好みです。
基本的にファズはシリコンが好きです。
ゲルマニウムの音もコンディションが良ければいいのですが、温度によって音が違ってくるので私としては扱いに困るワケです。なので赤は除外。

普通サイズのジミはシリコンファズとしては最高レベルのクオリティだと思いますし大好きなのですが、ミニジミも同じ回路のはずなのに音が少し違う気がします。そう感じるのは私だけでしょうか。

それでもストラトとの組み合わせで考えるとミニでもジミが一番いい感じなのですが、私はレスポールでも使うのでジミよりも歪み量が多い青を選びました。

今回もいつもの人のデモ動画を貼っておきます。


ファズが欲しいって思った時に、やはりサウンド的にファズフェイスシリーズは必ず候補に上がると思います。
しかしエフェクトボードに入れるにはDCジャックもLEDも無い上、中身スカスカなのに無駄にボディが大きくてしかも丸いしINPUTとOUTPUTが普通のエフェクターと逆だしで収まりも取り回しも悪かったのですが、ミニではその全てが改善されています。

以前ロジャーメイヤーのオクタヴィアをエフェクトボードに入れたくてDCジャックとLED付けて小さい筐体に移し替えた事がありましたが、お金も手間も掛かります。


Jim Dunlop FUZZFACE mini FFM1 の In my view
このファズフェイスミニの様に、オーセンティックな仕様を売りにしてきた伝統のあるメーカーが製品の欠点を正面から捉えてサウンドのクオリティを下げずに欠点を改善するというのは本当に素晴らしいと思います。





スポンサーサイト

MOOER Blues Mood

こんばんは。折角の3連休だというのに金曜の夜に帰宅してからまだ一度も外に出ていないユダです。


今回はまたまたムーアのエフェクターを紹介いたします。

ブルースムードです。
sIMG_2393.jpg
このブルースムードのコピー元は王道中の王道BOSS BD-2です。
しかも只のブルースドライバーではなく、KeeleyのBD-2 Phat MODのコピーだという話です。
キーリーのMOD品はちょっとした味付け程度の違いしかない無いように感じるのですがどれもこれも高価で、BD-2 MODも例外ではなく私がネットで探した限りでは一番安いところで19800円でした。

因みにオリジナルのボスBD-2であれば8200円で購入できます。


私は普通のブルースドライバーも所有していますが、このブルースムードとはTONEの効き具合に若干の違いがあるような気はしますがサウンド的には大体同じような感じだと思います。
ブライトモードでは通常のブルースドライバーで、ファットモードではその名の通り少し音が太くなります。

とりあえず今回もYoutubeでこちらの方のデモ動画を見てもらうのが手っ取り早いと思います。


このカリカリッとしたクランチ!
普通に音良くないですか?
どのタイプのギターにもマッチしますが、やはりシングルコイルのストラトとの相性は抜群です。
私の最近の音作りはフェンダーアンプでクリーンを作って、クランチはブルースムードという具合で落ち着いています。

更にブースターとしても飛び切り優秀です。
ウォームな歪みペダルにほんの少しだけエッジを加えたい、粗目のファズを少し整えたい、などなど兎に角使えるヤツです。
しかも気になるお値段は現在まさかの5400円です。安過ぎ!笑

キーリーMODの方が色々選定されたパーツが使われているし、そういう面で微細な音の違いを追求するのもギターの楽しみ方の一つだと思いますが私的にはムーアで十分というか、サウンド的にも満足な上にサイズと価格差を考えますと、恐らく私は何度過去をやり直したとしてもブルースムードを購入すると思います。


MOOER Blues Mood の In my view
Blues Moodは私のエフェクトボードから外せない物の一つです。




MOOER Ninety Orange

こんにちは。現在埼玉ではミゾレ混じりの雨が降っています。風も中々に強いです。ユダです。

今回はまた私が贔屓にしているムーアのエフェクターを紹介いたします。

ナインティオレンジです。
sIMG_2389.jpg
これはフェイザーです。
ビンテージモードとモダンモードが切り替えられて、コントロールはスピード只一つです。
これのコピー元はなんでしょうか。
見た目、名前、コントロール類から連想するのは誰が何と言おうとMXRのPahse90でしょう。

Phase90と比べるとモダンモードにしても若干マイルドなので、もうグイングインとアホみたいにエグく効くのが欲しい!という方にはオススメできません。

ただこれもピュアブースト(当ブログ記事リンク)と同様に、比べると若干マイルドというだけで単体で聴けば割といい感じに効きます。
ビンテージモードの場合は割とアッサリした感じで、どちらかというとPhase90といういよりもオールドだけど決してプレミアとかは付かない国内で最初に発売されたフェイザーであるMAXON GRECO MAKES IT PT-999(当ブログ記事リンク)に近い印象です。

値段、サイズ、LED、トゥルーバイパス、DC9V駆動などを考慮した上で、普通に良いサウンドなのでこのNinety Orangeに決めました


Youtubeのデモ動画を貼っておきます。

こちらの動画はテレ、ストラト、レスポール、そして後半は様々なセッティングで弾いてくれるのでとても参考になると思います。


こちらはベースでのデモです。


MOOER Ninety Orange の In my view
私は値段とかサイズを差し引いてもNinety Orangeはかなりオールマイティに使える優等生だと思います。

プロフィール

judas1103

Author:judas1103
裏切り者のユダ
かつてキリストを裏切ったようにこのブログで観覧者を裏切る事になるのでしょうか。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
裏切られた人数
 
 
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。